2014年10月31日

『カンガルー・ノート』安部公房


ある朝、脛の下から上に蟻走感が走った。

毛が一本もなくなっていた。


三ヶ月ほど前、会社で《提案箱》なるものが新設され、

全社員が月に二回、思い付きでも何でもいいから、

何か新商品を提案するよう義務づけられた。

義務なら仕方がない、

ほとんど冗談のつもりで走り書きのメモを投函。

内容は一行、《カンガルー・ノート》。

たった、それだけ。

ところが、思いがけないことに、

その落書きメモが採用されてしまったのである。


翌朝、脛の毛穴からかいわれ大根が生えてきた。

訪れた医院では手に負えないと医師から

硫黄泉による温泉療法がいいと言われ、

鎖骨の下に通した点滴チューブと

尿道を貫通しているカテーテルにより身動きがとれないなか、

自走することもできる特殊なアトラス製ベッドで

レールの上を走り続けることになるのだがー。


次から次へと謎の展開が押し寄せてくる安部公房らしい

不思議な世界が満載なストーリー「カンガルー・ノート」。

パラパラと少しだけ読み直しましたが

じっくりと再読したい作品。

1995年2月1日文庫本出版/2000年7月20日第10刷版購入


s1201411311.jpg


にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村


posted by のっぽ at 07:03| Comment(0) | 安部 公房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。