2015年02月04日

『PK』伊坂幸太郎


「PK」「超人」「密使」からなる“未来三部作”。

得意の時間軸を巧みに操り、

それぞれの作品が繫がっているのだが

フィッシュストーリーなどとは違いかなり難解な仕上がり。

何回も読み返さないと、いや、読み返しても理解できなさそう。

しかし、登場するキャラクターの考え方や話し方が

個性的で面白い所は伊坂幸太郎の作品らしい。

ほかにも握手すれば相手から

6秒の時間を手に入れれる”時間スリ”の発想や

ゴキブリとバッタにある九種類の抗菌性物質から

人類を救うために一匹の貴重なゴキブリを手に入れる

アイデアなども伊坂幸太郎の作品らしい

ちょっと滑稽さがあり楽しめます。

正義、信念、勇気、万人のヒーロー願望をイメージさせる

印象的なセリフが3作品の中に散りばめられています。

PKでは「臆病は伝染する、そして勇気も伝染する」。

超人では「間違いは、それを正すのを拒むまで

間違いとならないそうです」と

「過ちを認めることから、はじまるものもあるのかもしれないな」。

そして密使では「実社会では正義を実現するとしたら、

戦隊ヒーローみたいなスマートなのは無理なんだよ。

交渉とか取引とかな、人脈とか世論調査とか、

そういうのが必要なんだ」と

「これからのヒーローの第一条件は、失言しないことだ」が心に遺る。

伊坂幸太郎の「PK」。

何回も読み返さないと辿り着けない作品なのかも。

2014年11月14日文庫本出版/2014年11月14日第1刷版購入





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


ラベル:PK 伊坂幸太郎
posted by のっぽ at 18:36| 伊坂 幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。