2013年03月10日

『黒い雨』井伏鱒二


広島への原子爆弾投下により被爆した、

ある家族の数年後の暮らしを描いた井伏鱒二の「黒い雨」。

被爆の後遺症で重労働ができず怠け者呼ばわりされる重松や

姪の矢須子は縁談があるたび被爆者の噂で破談になるなど

理解されず、差別などに苦しめられる。

そして、ついに矢須子は原爆症を発症してしまう・・・。

原爆により人生を翻弄された苦悩や悲劇を描いた秀作。

2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災の津波により、

福島第一原発で起こったメルトダウンによる放射の漏れなど、

現代でも何が起こるか分からない今だからこそ

読み返す必要があるのかもしれませんね。

1966年に第19回野間文芸賞受賞


『黒い雨』井伏鱒二



にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村


ラベル:井伏鱒二 黒い雨
posted by のっぽ at 10:09| Comment(1) | 井伏 鱒二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"
ありがとうございます!!!勉強になりました。"
Posted by Frank Lloyd Wright book at 2013年03月16日 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。