2013年10月30日

『時生』東野圭吾


不治の病「グレゴリウス症候群」を患う息子が

最期の日を迎えようとしている時、父親である宮本拓実は妻に、

20年以上前に「花やしき」で出会った少年との想い出を語りはじめる。


何をやってもダメな、どうしようもない若者だった拓実は、

恋人の早瀬千鶴から金を貸してもらいながら日々を送っていた。

将来に不安を感じた千鶴はある日突然、拓実の前から姿を消してしまう。

そんな時、密かにタイムスリップしてやってきた拓実の息子「時生」は、

息子と明かさないまま「トキオ」と名乗り拓実の家へ転がり込んで、

謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追うことを後押しする・・・。


過去、現在、未来が交錯する東野圭吾の集大成作品「時生」。

2004年に時生役で嵐の櫻井翔、拓実役でTOKIOの国分太一によって

NHKでテレビドラマ化された。

約5年前に読んだため勘違いしていたら悪しからず。

2002年7月単行本出版
2005年8月文庫本出版/2008年10月24日第23刷購入





にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村


ラベル:東野圭吾 時生
posted by のっぽ at 07:32| Comment(1) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
Posted by つねさん at 2013年10月30日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。