2014年02月07日

『新参者』東野圭吾


加賀恭一郎シリーズ第8作目、東野圭吾の「新参者」。

日本橋小伝馬町で一人暮らしの40代の女性が絞殺された。

評判のよかった彼女の身に一体何が起きていたのか。

捜査の途上で日本橋で暮らす家族や店が抱える謎を

日本橋署に着任したばかりの加賀恭一郎が現場を歩き回り、

一つずつ解きほぐしていくスタイルを各章によって描いている。


第一章・煎餅屋の娘

第二章・料亭の小僧

第三章・瀬戸物屋の嫁

第四章・時計屋の犬

第五章・洋菓子屋の店員

第六章・翻訳家の友

第七章・清掃屋の社長

第八章・民芸品屋の客

第九章・日本橋の刑事


そして、サラリーマンが歩く方向やスーツの着用、

絞殺に使われたロープのような捻れ紐、

時間帯や歩くルートなどある人物のアリバイを

加賀恭一郎の鋭い思考と観察力で事件を解決に導いていく。


「このミステリーがすごい!2010」1位、

「週刊文春ミステリーベスト10」1位にも輝き、

2010年4月から6月まで阿部寛主演で

テレビドラマにもなった人気作品。

2009年9月18日単行本出版
2013年8月9日文庫本出版/2013年8月9日初版刷購入





にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村


ラベル:新参者 東野圭吾
posted by のっぽ at 07:48| Comment(0) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。