2014年06月22日

『パラドックス13』東野圭吾


3月13日13時13分13秒、学者や政府関係者ですら、

具体的にどういう現象が発生し、どういう影響を受けるのか

詳細につかめない現象が発生することがわかり、

政府で対策が極秘に進められていた。


「P-13」と名付けられた現象のその時間だけ

特に「死」だけはマズいことは確かなようで、

危険な作業を中断し、危険な場所から離れるよう

国民には混乱が起きないよう告げず、

警察や自衛隊など危険が伴う関係各署だけに通達された。


しかし、運命の13 時13分13秒に突如、

死に関係する13人の前に想像を絶する過酷な世界が出現した。

土砂降りの雨。陥没する道路。炎を上げる建物。

押し寄せる津波。崩壊する東京の街並・・・。

破壊され、時には10m進むのもままならない東京で

13人は出会い、生き延びようと力を合わせて行動し始める。

向かう先は首相官邸。

辿り着き真実を知ることができるのか?

13人以外、生物がいないこの世界は果たして現実なのか?


SFな仕上がりながら究極の人間ドラマが描かれている

東野圭吾の「パラドックス13」。

好みは分かれそうですがエンターテイメント作品として

十分に楽しめました。

2009年4月15日単行本出版
2014年5月15日文庫本出版/2014年5月15日1版刷購入





にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村


posted by のっぽ at 07:07| Comment(0) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。