2014年11月01日

『花のワルツ』川端康成


4編からなる川端康成の短編集「花のワルツ」。


大学の実験室が火事になり鳥居博士が大やけどを負ってしまう。

次第に死に向かう姿を描いた「イタリアの歌」。


踊子としての天分に恵まれた友田星枝と

ライバルとして切磋琢磨する早川鈴子。

そこへ、アメリカなどにダンス修行に行っていた

期待の星・南条が帰国するのだが、松葉杖を突いていたー。

師の竹内を含めそれぞれの思惑がぶつかり合う「花のワルツ」。


木曾の上松の町に大火があったという新聞記事を見つけると、

木曾へ妾と旅行中に見かけた日雀(ひがら)を思い出し、

欲しがる松雄とその妻の話「日雀」。


美しい女性国語教師に女生徒が

恋愛感情のような切ない親しみを持つ「朝雲」。


約十八年前に読んだため、

パラパラと斜め読みし直しただけですが、

4作品とも女性の心理や言葉遣いを巧みに描いており、

あらためて川端康成の凄さを垣間みた。

1951年8月10日文庫本出版/1971年2月10日29刷改版
1992年8月15日第54刷版購入


s1201411011.jpg


にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村


posted by のっぽ at 08:17| Comment(0) | 川端 康成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。