2013年07月26日

『華麗なる一族』山崎豊子


1973年に出版されたが2007年木村拓哉主演にてテレビドラマ化され、

若い人達にも知れ渡った山崎豊子の「華麗なる一族」。

書籍では阪神銀行頭取の万俵大介(北大路欣也)が主人公ですが、

テレビドラマでは長男の鉄平(木村拓哉)が主人公として描かれており、

違った角度から物語が味わえ、ドラマも面白かった覚えがあります。


1960年代の関西が舞台であり、

阪神銀行が都市銀行再編により吸収合併されないよう、

あらゆる手段を巧緻に使うワンマンで豪腕な頭取の万俵大介と、

系列会社である阪神特殊鋼の取締役である鉄平の純粋で誠実な人柄が

ぶつかり合う人間ドラマ。

策略により、次女二子を総理の縁戚と見合いさせたり

愛人を自宅に同居させるなど傲慢とも言える万俵大介が生き残るのか

親でもある阪神銀行頭取の万俵大介に融資を断られるも

持ち前の人望で切り開いていこうとする鉄平が笑うのか・・・読みどころいっぱいです。


また、銀行業界の権力機構や融資の在り方、鉄鋼業界の熾烈な競争なども

フィクションとは思えないほど見事に描かれており、読み応えがあります。

時間が経つとまた読みたくなる秀作です。


『華麗なる一族』山崎豊子〈上〉

『華麗なる一族』山崎豊子〈中〉

『華麗なる一族』山崎豊子〈下〉




posted by のっぽ at 17:49| Comment(0) | 山崎 豊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

『白い巨塔』山崎豊子


徹底した取材と巧みな描写によって

医療機関の権力闘争を中心に人間模様を描いた白い巨頭

山崎豊子の実力が溢れている傑作をご紹介。


食道噴門癌のスペシャリストである

国立浪速大学第一外科助教授・財前五郎は、

卓越した技術や高い知名度があり、

マスコミから脚光を浴びたり、

著名な有力者など全国から患者が集まってくる。

だが有名になったり、手術の依頼があればあるほど

第一外科教授・東貞蔵から疎まれ、次期教授の座が危うくなる。

しかし、野心家であり持ち前の強い性格が、

あらゆる手段を使い熾烈な教授選を勝ち抜こうとする・・・。


文庫本では1〜5巻まであり、とても読み応えがあります。

映画やTVドラマ化され高視聴率をとっただけに

内容を知っていられる方も大勢いらっしゃると思いますが

数多い登場人物の性格や心情から

手術の細かい描写、裁判の駆け引きの裏側など

本でしか味わえない面白さがあります。

結末が分かっていても読み直したくなる秀逸な小説です。


『白い巨塔』山崎豊子

posted by のっぽ at 08:18| Comment(1) | 山崎 豊子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。