2015年02月04日

『PK』伊坂幸太郎


「PK」「超人」「密使」からなる“未来三部作”。

得意の時間軸を巧みに操り、

それぞれの作品が繫がっているのだが

フィッシュストーリーなどとは違いかなり難解な仕上がり。

何回も読み返さないと、いや、読み返しても理解できなさそう。

しかし、登場するキャラクターの考え方や話し方が

個性的で面白い所は伊坂幸太郎の作品らしい。

ほかにも握手すれば相手から

6秒の時間を手に入れれる”時間スリ”の発想や

ゴキブリとバッタにある九種類の抗菌性物質から

人類を救うために一匹の貴重なゴキブリを手に入れる

アイデアなども伊坂幸太郎の作品らしい

ちょっと滑稽さがあり楽しめます。

正義、信念、勇気、万人のヒーロー願望をイメージさせる

印象的なセリフが3作品の中に散りばめられています。

PKでは「臆病は伝染する、そして勇気も伝染する」。

超人では「間違いは、それを正すのを拒むまで

間違いとならないそうです」と

「過ちを認めることから、はじまるものもあるのかもしれないな」。

そして密使では「実社会では正義を実現するとしたら、

戦隊ヒーローみたいなスマートなのは無理なんだよ。

交渉とか取引とかな、人脈とか世論調査とか、

そういうのが必要なんだ」と

「これからのヒーローの第一条件は、失言しないことだ」が心に遺る。

伊坂幸太郎の「PK」。

何回も読み返さないと辿り着けない作品なのかも。

2014年11月14日文庫本出版/2014年11月14日第1刷版購入





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


ラベル:PK 伊坂幸太郎
posted by のっぽ at 18:36| 伊坂 幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

『民王』池井戸潤


民政党の武藤泰山は、ようやく内閣総理大臣の座を手にしたが

漢字もろくに読めない大学生の馬鹿息子・翔と

身体が入れ代わってしまった。

それどころか鶴田経済産業大臣と息子の鶴田航、

犯人の一人と疑っていたライバルである

憲民党党首の蔵本と娘のエリカが次々と入れ代わってしまう。

テロリストの仕業か、それとも某国の陰謀か。

ユーモアを交えながら政治家の在り方を問う

痛快政治エンターテイメント小説、池井戸潤の「民王」。

はじめは良くある「身体が入れ代わる物語」かと

ちょっと読んだだけで後回しになっていた本でしたが、

続きを読みはじめたら思いのほか面白く一気に読んでしまった。

既に「鉄の骨」や「空飛ぶタイヤ」などで評価されていますが

あらためて得意の銀行・金融もの意外でも

楽しめる作品を生み出す底力を見せつけられた感じです。

2013年6月10日文庫第1刷出版/2014年4月15日第13刷版購入





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
ラベル:民王 池井戸潤
posted by のっぽ at 12:51| 池井戸 潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

『三匹のおっさん』有川 浩


かつての悪ガキ三人組が定年を迎え、

思いついたのが「世直し」。

町内でおきた恐喝、強盗、痴漢、詐欺、動物虐待、

脅迫、悪徳商法など数々の悪を

地元ゼネコンを定年退職し、

自宅敷地内で剣道教室を開いていた腕前の

師範代・清田清一こと「キヨ」と、

居酒屋を息子夫婦に任せ、

国体に出場経験があるほどの実力を持つ

柔道家・立花重雄こと「シゲ」。

そして、町工場経営者であらゆる機械に精通し、

改造までする頭脳派・有村則夫こと「ノリ」が

次々と解決し成敗する。

他にも手助けすることになりがちな孫・祐希とキヨの微妙な関係、

その祐希とノリの愛娘・早苗との淡い恋物語、

おっさんたちのダサいファンションなどコメディーあり、

ラブストーリーあり、人情物語ありのTVドラマ化もされた

有川浩の「三匹のおっさん」。

楽しんで読めるエンターテイメント小説です。

2014年6月4日文庫本出版/2014年6月4日初版購入





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
posted by のっぽ at 19:34| 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。